ワークショップ情報

Action Basic Workshop 開催!!

演技とは行為のことです。

そしてアクションとはスタントや戦闘、格闘、殺陣などを表現する言葉であり、

演技、行為、行動、動作などを意味する英語です。

今回のアクションは殺陣のことを指しますが、

殺陣も「演技」であるし、

さらに言うと、心や声を伴った完全な「演技」です。 

現代劇に関わっているとどうしても、

基礎やベースの存在をおざなりにし、

個人的な思い込みで創作を行いがちです。

しかし、

ベースがあってのズラし、

基礎があっての応用、

古典があっての現代劇なのだと思います。

初めての方から俳優の方、アクション経験の豊富な方までどなたでも結構です。

ぜひ演技としてのアクションを一緒に行いましょう。

 

仙台シアターラボ代表 野々下孝

 

●講師 門脇大輔 DAISUKE KADOWAKI 

 <略歴

宮城県出身。2001 年より10 年間、後楽園ゆうえんち(現 東京ドームシティ)スカイシアター(のちロッソ)における ヒーローショーに出演し続け、様々な役を経験しながら延べ3000 回を超える公演をこなす。 のち『SABANs Power Rangers』シリーズに参加、英語環境での撮影に適応しスタントマンとして出演。 映画『イン・ザ・ヒーロー』では主役・唐沢寿明氏の変身後「ドラゴンレッド」のスーツアクター、 中国の『鎧甲勇士5()』ではメインスーツアクターの他、最終ボス「考粒」の俳優としても出演。

 

●日時 7/27 13:00 ~ 17:00 

●会場 東仙台駅周辺のスタジオ

●対 象 演技に興味のある方(年齢・経験不問)

●料金 1000 

●定員 10名 ※予定人数に達し次第締め切りといたします

●問い合わせ・申込み 仙台シアターラボ

TEL:090-9647-4425(野々下)

mail:sendai.theatre.labo@gmail.com

お名前、年齢、電話番号、メールアドレス、希望参加日時、演技経験の有無を電話またはE-mailにてご連絡ください。

身体と感情と声とキャラクターの関係ワークショップ

 

俳優は

「何をするのか」

「何を言うのか」

1か月後の本番のために考え、稽古します。

 

しかし根本的な問題である、どう立つのか、そしてどう発語するのか?

について考え検証する時間は皆無です。

 

目の前の与えられたセリフや段取りをこなすのが稽古になってしまうと、

俳優も消耗材として疲弊してしまいます。

 

今回のワークショップでは、ゆっくりと時間をかけて身体と感情と声とキャラクターの関係について考え、 

様々な試みを行ないたいと思います。

 

ぜひご参加下さい。

 

●講師 野々下孝

 

●日時

① 7/1 9:30~12:30 身体と感情の関係

② 7/8 9:30~12:30 身体と感情と声の関係

③ 7/15 9:30~12:30 身体と感情と声とキャラクターの関係 

④ 7/22 9:30~12:30 身体と感情と声とキャラクターの関係 小発表

各回1日完結での内容となっており、1日から参加可能です

 

●会場 東仙台駅周辺のスタジオ

 

●対 象 演技に興味のある方(年齢・経験不問)

 

●料金 1コマ2000  4コマ通し6000

 

●定員 10名 予定人数に達し次第締め切りといたします

 

●問い合わせ・申込み 

仙台シアターラボ

TEL:090-9647-4425(野々下)

mail:sendai.theatre.labo@gmail.com

お名前、年齢、電話番号、メールアドレス、希望参加日時、演技経験の有無を電話またはE-mailにてご連絡ください。

仙台市震災復興のための芸術家派遣事業

・鑑賞型プログラム………『さんしょううお』

               『LIVEももたろう』

・芸術家派遣事業………『絵本の中にはいってみよう』

              『学芸会サポート隊』